長野県産業教育振興会 第一支会について

  • HOME
  • >>
  • 長野県産業教育振興会 第一支会について

長野県産業教育振興会 第一支会について

目的

 本支会は、本会である「長野県産業教育振興会」と連携して北信地域の産業教育の振興を図り、産業の発展に資することを目的とする

会長 ごあいさつ

 会員の皆様に於かれましては、当会の活動にご理解とご支援を頂き厚く御礼申し上げます。
 本支会は、本会の基本方針の基にその活動に協力すると共に、教育界、産業界が手を携え産業教育の推進を目的に支会独自の活動を行っております。特に、教員を対象とした「研究助成」と「国内視察助成」、生徒を対象にした「体験学習助成」等の助成事業と産業界との情報交換、交流を目的にした「就職懇談会」等を行い、当北信地域における産業教育の推進を計っております。今後は、予想される少子化の大きな波に向かい産学連携教育の充実をさせて参りたく思っております。
 本会の趣旨にご賛同頂き多くの企業の参加を節にお願い申し上げます。

長野県産業教育振興会 第一支会 会長 堀江 三定

理事長 ごあいさつ

 日頃より本会の諸活動に対して会員の皆様には多大なご支援をいただいていますことを厚く御礼申し上げます。
 産業教育を取り巻く環境は時代とともに大きく変遷しております。経済のグローバル化やサービス化の進行は目を見張るものがありますが、そのことは教育が単なる従前のような知識定着一辺倒の学びにとどまるのではなく、産業教育を中心とした教育活動の中から心身ともに生きる力を育む教育が推進されることが重要になることを示唆していると考えます。長野県各地で活躍される各企業の皆様方がこのホームページを通じて長野県の専門高校や産業教育に取り組んでいる学校の教育活動を理解して頂けるための一助となることができれば幸いと考えております。
 今日コミュニケーション能力や探求力、創造力、表現力などビジネス社会を担う若者に多くの力が求められております。これらの能力は、まさに産業教育の中で様々なアプローチで醸成することができると信じております。そのためには、従来の学校に抱かれがちな敷居の高さを改め、学校を大きく開いて産業界の皆様の力を借りながら「地域を教材として地域から学ぶ教育」を推進することが重要であると考えます。そのためにも学校が地域や企業の皆様にその活動をお伝えし、企業の皆様から多くのご示唆やご指導をいただくことが必要です。
 このホームページの運用が良い機会となり、新たな産学連携教育が推進されますことを期待しております。そして地域企業の皆様に高校の産業教育を理解していただくことで、この活動に賛同していただく方々が増加することを願っております。地域と企業の支援は学校教育の活動の源です。専門高校を初めとする産業教育の活動を通して、長野県の次代を担う多くの若者が夢を持って飛躍するためにも、関係の皆様方のご支援とご指導をよろしくお願い申し上げます。

長野県産業教育振興会第一支会 理事長
長野県長野商業高等学校長  山岸 重文

第一支会 会則

長野県産業教育振興会会則は以下のPDFよりご覧ください。

長野県産業教育振興会 第一支会会則(PDF:122KB)

これまでの実績

●平成27年度の活動
研究助成
○リンゴの栽培方法の違いが果実品質に及ぼす影響
○くますぎを中心とした販売実習および商品開発
○須商・創成マーケット2015における販売促進策の研究と実践
○須商マーケットリニューアルプロジェクト
○産業人基礎力養成講演会
○HDL等によるディジタル回路設計
○液晶セルの作製
○はりのたわみの測定と測定結果の数式化
○プログラミング教材開発
○タイの文化、フルーツカービングの授業展開